コーヒータイム 小沢氏の離党・民主党が分裂

コーヒータイム

コーヒータイムの今回はこの話題について詳しく掲載、音声や口コミ情報などと併せて掲載します。

小沢氏の離党・民主党が分裂

民衆党・野田政権による消費増税法案の成立に向けた動きにより、同民主党内の小沢一郎をはじめとする小沢派の衆議員38名が民主党に離党届けを提出し党を離れることとなった。自民・民主・公明の三党合意による与野党合意と実質的な自民・公明案の案の骨抜きにより社会保障法案も民主党マニフェストから大きく外れた内容となり、選挙で国民から支持され政権交代をした民主党は分裂した。



民主党分裂




内閣不信任案は無理・問責決議案は可




小沢一郎、記者会見、民主党離党


離党届を出した衆議員38人では内閣不信任決議案を提出できる51人に達しないため提出
が出来ない。しかし問責決議案は11人で提出が可能になっている。しかし他党との連携により内閣不信任決議への可能性はあり、小沢新党により党首討論もできる数は確保している。



 自民党の民主解党+無駄法案化作戦

これにより自民党による現内閣への実質的な主体無機能化と法案の意義消滅は成功したこととなった。自民党は野田内閣を罠に誘い込み、合意させたうえで国民から否定させポイ捨てしたうえに責任を野田内閣に押し付ける作戦である。

表面は野田内閣が法案を成立させた様に見えるため、野田内閣の民主党分裂への責任と成立に向けた法案への無機能ぶりが自民党により露呈しているさせられている。現在の動きは三党合意の法案に対する野田内閣の失態を追求し早期解散を促す自民党の動きが目立っている。




無能を露呈する内閣財務議員のもとで

こうした一連のことすべては民主党マニフエスト選挙から態度を変えた現内閣の財務省系議員の無能ぶりから始まっている。

そもそも政策には「お金がかかる」、何をするにもお金ありき、つまり予算さえ付けられれば内容に無関係にも政治主導で責務を果たしている「様に見える」、という財務議員の短絡的な思考がこうした結果となって表れている。

官僚は議員に対し「お前らは予算を通すために存在してる、頭は無能なんだから予算くらい通してこい ! 」、こういうことをクチにせずともその圧力を議員にか続けている。


公務が先か民意が優先か

内閣に入ると国家の担い手としての権限と責任が生じる。ひとりの議員としてよりも深い段階で公務に属していると言える、公務上知りうるデータや極秘内容を考慮し国家操縦を託されている、といえよう。

しかしながら行政は内閣の個性に無関係に存在している。内閣が存在する所以はやはり民主国家の仕組により成り立っている点にあり、民意が主なのである。主権在民が民主国家の日烏合的な基本であり民意を無視した行政は成功に転じない事は他の国家をみても明らかなのだ。

そのケースとして極端な場合はクーデターから革命へと推移する事をみれば明らかであり、民意とは国家そのものを形成する最上級のものである。たとえその方向性が結果的に間違っているとしても民意の大意は国そのものであり、それが優先されるべき方向なのだ。



つまり選挙を急げ !

 | HOME | 

Appendix

JEEP

JEEP

コーヒータイムへようこそ!

rss2.0

Recent Entries



Page Rank Check










美容外科


メンズプラソン


土地活用


引越し 大阪



最新のコーヒータイム
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター




Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



渋谷 アルバイト

↓ オススメ!
Add to Google
igoogleに登録


お問い合わせは
以下のメール先


JEEP mail





Categories





国際結婚







DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


相互リンク募集「相互リンクX」
track feed
コーヒータイム



あとで読む