コーヒータイム 流氷が来るオホーツクの海

コーヒータイム

コーヒータイムの今回はこの話題について詳しく掲載、音声や口コミ情報などと併せて掲載します。

流氷が来るオホーツクの海

日本には流氷が来る場所が一箇所だけあります、そこは北海道の宗谷から知床にかけての海岸、ここをオホーツク海と言います。本日流氷が陸から観測可能になりました、この日を「流氷初日」と言います。

流氷初日、北海道・網走市沖
流氷が来たオホーツク海・網走市

 流氷が海へもたらすもの

流氷はロシアでつくられ日本まで南下してきます、最も南下する限界がこの北海道のオホーツク海沿岸です、流氷には多くの陸の栄養が含まれていて大量のプランクトンが海に供給されるのです。



利尻昆布とか羅臼昆布という昆布の名を聞いたことがある人もいると思います。高級昆布として京料理や日本料理の土台となる出汁ベースの素です。

流氷が来ないとこの昆布の味は下がってしまいます、昆布の甘味成分は流氷が元なのです。つまり流氷は日本料理の素なのです、更にはホタテやウニもオホーツク海側のものは大変大きく成長します。これも流氷からもたらされる栄養によって大きくなるのです。


 白い水平線と朝日


流氷初日、北海道・網走市沖船から



2月の中にはオホーツク海に流氷が接岸し、陸地の様に海は真っ白になります。陸が遠くまで増えたかのような海になるのです、その白い水平線から太陽が昇りはじめます、トワイライトタイムのこの時刻の流氷の白い海はオレンジやピンク、薄いブルーに染まり輝きます、その風景は絶景中の絶景です。

知床山脈に朝日があたりオレンジに輝く、海は白く薄ピンクとブルーになります。この風景を目で見たことがありますが、どんな写真でもこれを表現できません。ハイビジョンでも無理なのです、その場に行って肉眼で見ないと分からない絶景です。






流氷が接岸する頃、北海道は最も寒い時期わむかえます。流氷がその季節を教えてくれているのです、アザラシなどが流氷にのって陸にやってきます。






トラックバック

http://maiise.dtiblog.com/tb.php/2545-c5cdee85

 | HOME | 

Appendix

JEEP

JEEP

コーヒータイムへようこそ!

rss2.0

Recent Entries



Page Rank Check










美容外科


メンズプラソン


土地活用


引越し 大阪



最新のコーヒータイム
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター




Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



渋谷 アルバイト

↓ オススメ!
Add to Google
igoogleに登録


お問い合わせは
以下のメール先


JEEP mail





Categories





国際結婚







DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


相互リンク募集「相互リンクX」
track feed
コーヒータイム



あとで読む