コーヒータイム フュージョン

コーヒータイム

コーヒータイムの今回はこの話題について詳しく掲載、音声や口コミ情報などと併せて掲載します。

発見されたノートから

先日発見したノート、1982年から4冊あり1985年まで付けていた様子。こんな長い期間やっていたこと忘れていた、それはたまにしか付けないからだったのかもしれない。

ノートの日付を見ると10日も空いている部分も多い、数回も引越ししているのによく今になるまで持っていたものだ、カセットは大量に処分したのにこういう文字記録ものは自分は捨てないことが多いのがそもそも残存理由。

1983年9月2日にこんな記述があった、「大韓航空機がソ連のミグによって撃墜、なんてことだろう」などと書いてある。その下にシンセのDX7のオペレーター(アルゴリズム)の特性のメモとエデットしたバンクのメモ。

1番 PIANO (普通) 2 PIANO (明るめ) B 3番 PIANO C (きつめ) 、とか付いている。この年は発売されたばかりでずいぶん研究した覚えがある、最初は音のつくり方が何がなんだかわからなかった、ブラス音をエデットしてGS1に近づけるのに長い時間かかった。

DX7


無理もないよねこの頃ずばぬけて凄いシンセを手にしたんだものな、しかも学生だし、(ローンで買った) 周囲はまだ誰も持っていない頃(この時期、初期予約した人しか手にできていない)。 研究が面白くてしかたなかった、勉強より全然していた気がする (笑)


右手の初登場

ステージ側のブログには書いてないけど、チックコリアはブルースは専門
の曲を用意して時間調整(コンサート)用に作曲されたといわれる練習曲が
ある、このことはあまり知られていない。タイトルは「Got a Match」

チックファンには広く知られているエレクトリックバンドの1stの曲
最初に製作されセッションをパテドウィッチなんかとよくしたこともわりと
コアなファンでないと知らないのかもね。

ここのテストのついでに携帯カメラで右手を撮影してみた
いままで写真は公開したことはあるが、まだ動画はそういゃ無かった
初公開の自分の右手生演奏風景? そうだPC前のJUNO-Gも公開だな

では生演奏動画 by JEEP



ブルース チックバージョン

http://9.dtiblog.com/m/maiise/file/chick_blues.mp3

例のブルースでチックコリアバージョンでやってみた。。。

いやはや、チックコリアは癖っぽい。まったくブルースのスケールって感じのものを使わないのが特徴。変則リズムバリバリ、変幻自在なフェイクの嵐。あんなふうに常にインプロビゼーションできると楽しいだろうね。

しかし私的には、チックのスタイルが一番好きなわけじゃない、やっぱりリチャードティーかな・・・・次ぎはリチャードティー編でやってみよう。

ステージに入れたブルースの問いかけ

実は、個人的にも音楽を楽しみたいって人が多くなってると思う
そんな人にも、ブルース感覚を持ってもらいたいなと思って、ステージのほうに音をアップしました。

現代って、若い人はすごく忙しい人と方向性を見失って何もすることが見つからない人が多い。だから経験者の人とか、私と同じ世代の人達が引張っていってあげてほしいなって、たまに思う。

バンド音楽振興会みたいなものかな

もし同世代で、バンド経験のある人は自分が楽しむだけじゃなくて次世代に分けてあげてほしい、若い人は、何をしたらいいのか分からないってのが正直なところだからね今って。



 | HOME | 

Appendix

JEEP

JEEP

コーヒータイムへようこそ!

rss2.0

Recent Entries



Page Rank Check










美容外科


メンズプラソン


土地活用


引越し 大阪



最新のコーヒータイム
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター




Calendar

« | 2017-06 | »
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



渋谷 アルバイト

↓ オススメ!
Add to Google
igoogleに登録


お問い合わせは
以下のメール先


JEEP mail





Categories





国際結婚







DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


相互リンク募集「相互リンクX」
track feed
コーヒータイム



あとで読む