コーヒータイム THE PROBLEM

コーヒータイム

コーヒータイムの今回はこの話題について詳しく掲載、音声や口コミ情報などと併せて掲載します。

Windows XP再起動のショートカット

Windows XP 何かのトラブルで画面が見えなくなってしまった時やアプリケーションが固まり終了できない、そんな時には再起動したくても出来ないという事があります。そんな時のためにショート・カットを覚えておきましょう。

Windows XP short cut
Windows XPを再起動させるショートカット

[Alt]+[F4]で終了オプションを出します。

[R]キーを押すと再起動できます。




この動作も出来ない場合は
電源スイッチのオフしかありません。




続きを読む »

事実確認が無いままの報道

中国・天洋食品の餃子の食中毒問題、あまりにマスメディアが先行した問題化はいけなかったようです。まだすべての事実確認をしないうちに「中国の食品すべて問題あり」という報道はどうかと思いました。

中国餃子 殺虫剤混入事件

日本のメディアは食品問題について過剰な報道になりすぎです。先に起きた事実だけを先に伝え、あとは経過を見守り全貌を把握してから報道するといった手順でないと世界から信用を失いますよ。

問題があるのはマスコミだと思います、反省すべきですね。

続きを読む »

原子力の日の雨

本日は日本国内では「原子力の日」です。1956年10月26日に日本が国際原子力機関 (IAEA) に加盟、1963年10月26日に茨城県東海村の日本原子力研究所で日本初の原子力発電が行われた2つの10月26日の出来事から原子力の日とされた。

戦争の火種より深刻な問題とは

日本には原発が83基あります、これは世界で2位なのです、一位はアメリカですが130基ほど、対人口で割ると日本が一番多い計算になります。しかし原子爆弾ではアメリカが圧倒的に持っているのです

戦略核弾頭保有数

アメリカ 5588発
ロシア  3120発
フランス  361発
イギリス  188発
中国    142発

これが実際に戦争用に用意されている核爆弾の保有数です。
IAEAは深刻な事態に直面している、核査察という観点においてエネルギー利用目的と爆弾製造目的を判別することを強いられるわけです。

イランの首相
はこう言っています
アメリカやフランスやロシア・日本はエネルギー利用の核技術の開発が認められている、なぜ私達はダメなのか

イランの首相が世界へ主張するのは当然ですよね、日本では83基もあって仕事やプライベートなど実に豊富な電気の利用ができ、その基盤があって経済発展できるのです。どうしてイランはダメなのかと聞かれて、応えられるでしょうか?

これが核の利用機会不均衡という世界的問題です


続きを読む »

ドラッグ・ラグ

日本での諸問題の中で特に優先するべき問題として、私は薬の承認の遅れの問題が最も優先的に取り組むべき課題だと思います。

海外で承認された薬剤が日本で承認されるまでに、現在4年もの月日を要するわけです、これでは最新の医療に触れ治療が受けられる機会を逸しているようなものです。同じく日本で開発される薬にも開発から8年以上かかると言われています。

ドラッグ・ラグ 説明写真

基礎研究が飛躍的にすすみ、医療が人命を支える時代になっています、しかし同じ先進国である国でありながら医療技術の恩恵を受ける機会がアメリカと日本では違うわけです。

問題点の克服を

厚生労働省の管轄である薬の審査官の数が足りないという問題があります、日々数々申請される新薬の承認を150人程の人の目と頭でやっているわけです。この数を舛添・厚労相は400人まで増やし四年の承認遅れを1年半までに短縮すると口約(公約)しました。

私はこの審査官を外部に専門機関とし設置し、二分して相互分担制にし更にリスク(責任問題)などの処理部門も設置するべきと思います。薬による被害の責任は深刻であり、承認の早期化にブレーキをかけています。つまり承認審査をする人と責任をとる人を完全に分ける構造が必要です。

 先端医療は自己責任で

更には、先端医療による治療を受ける場合について、患者側はそのリスクを理解するために医師と書面による合意が必要です。先端治療合意書などの書面契約により訴訟問題を回避するべきです。

例えば、医師が新薬を使うべき病気を診察で発見しその治療が最も有効と知っている場合、その治療方法を患者に明示し使用する薬剤について合意書をとりかわすという制度です。

 医師免許に改革を (医療師免許)

その場合に、医師免許にも改革が必要です。先端医療を施せる医師について別枠で免許を設けるというものです。これは昨今の産婦人科医師不足や医師の都市集中化防止対策にも応用できます。

「先端医療が施せる医師」(下記に医療師)という差別化により都市と地方の医療格差を是正するというものです、都市でも難病も風邪も同じ医師免許です、もし医療師免許取得のインターン期間に地方指定病院の勤務義務が入れば医療格差は是正できます。

先端医療を志している医療師(医師)は最初は東京・大阪・名古屋以外の都市にいることになるからです。この場合10万都市の病院などに高度医療設備を持込む設備費の負担がしいられますがやむをえないでしょう。


以上のような点に於いて、ドラッグ・ラグによる治療全体の遅れや問題を是正し制度改革などによる合理的な見直しと新設が必要かと思います。



続きを読む »

 | HOME | 

Appendix

JEEP

JEEP

コーヒータイムへようこそ!

rss2.0

Recent Entries



Page Rank Check










美容外科


メンズプラソン


土地活用


引越し 大阪



最新のコーヒータイム
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター




Calendar

« | 2017-02 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



渋谷 アルバイト

↓ オススメ!
Add to Google
igoogleに登録


お問い合わせは
以下のメール先


JEEP mail





Categories





国際結婚







お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


相互リンク募集「相互リンクX」
track feed
コーヒータイム



あとで読む