コーヒータイム PCメインテナンス

コーヒータイム

コーヒータイムの今回はこの話題について詳しく掲載、音声や口コミ情報などと併せて掲載します。

パソコンの起動を速くする

パソコンの起動を速くする、そんな便利ソフトは多数ありますが意外とシンプルで安全なものは限られます。そこで私が実際に使用しているものを紹介します。

WindowsXPWindows2000で使用できる
「デーモン・バスター1.05」

このアプリは、一般的に使用しないものをスタートアップ時に外す手助けをしてくれるアプリで、予想される項目を選び出し説明をしたうえで、停止した場合に何に影響するのかを表示してくれます。

デーモンバスター1.05

( リストに停止する候補を並べ説明してくれるので便利 )


デーモン・バスター1.05



関連URL
ワン・CDで起動可能のPuppy



PCのハイジャックを防止する方法はこれ

パソコンのハイジャックを防止する強力なソフトの「Hijack This」で現在PCのシステムで働いているファイルをファイルの保管場所からすべてを見つけることができます。

まず現在のシステムで稼動しているログを撮り、必要の無いものは削除するという方法です、タスクマネージャー(TM)でも終了させるのは可能です、がTMの場合はファイルの保存場所が出こないため検索して削除するという方法になります。

Hijack Thisを使い不要なアプリやプログラムを即座表示しシステムに読込まれないように削除してしまいましょう。

Hijack this Icon

Free soft
HijackThis v1.99.1 download

Hijack this Iog, picture, 画面、日本語

方法はとても簡単
Hijack This をダブルクリックで起動
「Do a system scan and save a logfile」ボタンを押し
まずログを保存します。

次にその下の
{ Do a system scan only }で稼動中のファイルを見つけ
不必要なファイルにチェックを入れ

{ Fix checked } を押して削除するだけです。
この動作では起動しているファイルを停止終了させたに過ぎません

以後もシステムに読み込まれないようにするには、保管場所を直接開いてファイルを移動するか削除する方法になります。

起動してしまうファイルのありかを調べるのに最適です

詳細は以下のサイトで



Hijack THis ログチュートリアル

Share EDGE

Dllcacheフォルダのリフレッシュ

WinowsXPには「ウインドウズファイル保護」機能が搭載されている。これはシステム関連のファイルを常に監視し重要なファイルが破損したり誤って削除されたときに正常なファイルを再インストールするもの。

この正常なファイルを一時保存しているのが「Dllcache」フォルダ。この「Dllcache」フォルダで稀にファイルが不都合を起こし破損することがある。当然そんな状態で使用しつづけたシステムはファイルの破損などで正常ではない状態。

そんな時はこの「Dllcache」フォルダをフォルダごとリフレッシュしておくと正常に動作しはじめる。

その方法は
「スタート」メニュー → 「すべてのプログラム」 →
「アクセサリ」 → 「コマンドプロンプト」を選ぶ

コマンド画面が出たら中にコマンド(文字命令)を直接打ちこむ

sfc /cachesize=0
と入力して「Enter」キーを押す。

sfc /purgecache
と入力して「Enter」キーを押す。
(実行すると15秒から3分時間がかかります)

sfc /cachesize="500"
と入力して「Enter」キーを押す。

sfc /scanonce
と入力して「Enter」キーを押す。

コマンドプロンプトを終了しWindowsXPを再起動する
起動中直後に「ファイル保護」のチェックが始まる。(しばし時間がかかる)
XPのシステムCD-ROMを要求されることもあるので用意しておこう。

コマンドプロンプト、Dllcacheフォルダ、のリフレッシュ

「sfc /purgecache」と入れた後は
「〜ファイルキャッシュのサイズを設定します」と出る
(上写真は打ちこみ文字例)

windows高速化、windows高速、速度改善、チップ
PC再起動後に上の画面が出てくれば確認作業の開始、確認には10分〜30分かかるが施行後のPCのコンディションが徐々に上がる。

コンディションが気になる人は2ヶ月に1度はこれを施行し
チェックとリフレッシュをしておこう。

コマンドの文字入力がめんどうな人は下からコピペOK
(行末の余白に注意)


続きを読む »

Winows XPデータの読書きを高速化する方法

ハードディスクのDMA機能をオンにしてデータの読書き速度を速くする方法を紹介します。マル秘テクニックです。

DMAとは「Direct Memory Access」の略で、CPUを介せずにハードディスクからシステムのメモリへ逆にメモリからハードディスクへとデータの転送を行う「方法のこと」、この設定を変えてやることでデータの書込み速度が高速化します。

設定方法は

 「スタートアップ」→「マイコンピューター」を右クリック→「プロパティ」を選択「ハードウエア」タブを開き「デバイスマネージャ」をクリック。

DMA機能、winowsメンテ、xpの速度改善

 「IDEATA/ATAPIコントローラ」左端の「+」をクリック。「セカンダリIDEチャンネル」を右クリックして「プロパティ」を選択。


DMA機能、winowsメンテ、xpの速度改善

 「詳細設定」タブで「転送モード」に
デバイス0を「DMA(利用可能な場合)」を指定する
「デバイス1」も同じ設定にする(上下同じ設定)
「OK」を押す

DMA機能、winowsメンテ、xpの速度改善

パソコンを再起動すればDMA機能が「オン」状態で作動する

DTMやDTPをやっている人は必須の改善テクニックですぞお試しあれ!!

スパイウエアからPCを守る方法

日々PCでインターネットをしていると、たまにはとんでもないウイルスにPCが汚染される危険に出くわす。とくにスパイウエアはActive XやJavaなどを使いブラウザを介して様々な悪さをする。

そこで今私がやっているWindows XPのメインテナンス・プロテクト方法を紹介します。

Windows Defenderというmicrosoftが推奨するスパイウエア保護ソフトがあります。2006年11月から無料でユーザーに提供されているもの。
(最新新着ソフト)

OSメーカーからの直接提供だけあって信頼できるものになっている、メインテナンスに是非利用しよう。

スパイウエア、プロテクト、ウイルス保護、windows XP
私のPCをスキャンした後の画面

プロテクトと監視機能が付いており、常駐させることでスパイウエアからPCを守ることができる。

最も安全にスパイウエアからPCを守るWindows Defender

ソフトの無料ダウンロード先

 | HOME | 

Appendix

JEEP

JEEP

コーヒータイムへようこそ!

rss2.0

Recent Entries



Page Rank Check










美容外科


メンズプラソン


土地活用


引越し 大阪



最新のコーヒータイム
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター




Calendar

« | 2017-10 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



渋谷 アルバイト

↓ オススメ!
Add to Google
igoogleに登録


お問い合わせは
以下のメール先


JEEP mail





Categories





国際結婚







DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


相互リンク募集「相互リンクX」
track feed
コーヒータイム



あとで読む