コーヒータイム カバー特集

コーヒータイム

コーヒータイムの今回はこの話題について詳しく掲載、音声や口コミ情報などと併せて掲載します。

ボサノバをポルトガル語で歌う

ボサノバの曲を歌うには、やはり母国語で歌うのがいちばん。名曲を日本語で覚え、ポルトガル語の歌詞をまる暗記してしまおう、昨年も「イパネマの娘」をやりましたが、今回は「おいしい水」です。


ポルトガル語で歌う「おいしい水」

ポルトガル語で歌うと、やはり聴こえているサウンド全体がボサノバらしく聴こえるものです。ではわずか10分で覚えられる工夫をこらした日本語変換のポルトガル語で、是非歌ってみましょう。


続きを読む »

パットメセニーの音へ

9日にテストで入れたLIVE VTR、曲「Thrid wind」

プロのオーケストラをもってもあの音、パットメセニーグループがいかに上手いかが伺い知れる。よくパットメセニーグループをフュージョンと思ってる人がいるが、私は違うと思う。

あえてジャンルで表現するとジャズ・クラッシックって感じか。空間作りが非常に上手い、グラミー賞を10回もとっているのはこの空間を作曲する才能にあると思う、それはライルメイズとロドビーの巧みな支えがあってのこと。

パットメセニーの凄いところは音楽で画を描いてる点だろうか、空間がまるで違う画がアルバムの中で数枚出てくる、つかみどころの無い流れの中で、しっかりと個性的な流れを描けている、インストで10回もグラミー賞をとるだけのことはある。


私がやるとどうなるのだろう??
と、突然思いつきやってみたものがある、これを辱しめもなくここに掲示しておこうかな。しかし、さすがにこの構造、そう簡単に真似できるわけはない。
かなりてこずった、いゃはや難しいのなんの・・・・

はっきりいってチックコリア・Eバンドのほうがこれやるより楽かも、チックの場合はテクさえ乗越えればなんとかなるけど、パットメセニーって複合要素の固まりなんざんすね、プロもコピーしないの分かるような気もする。

私の声のボーカル入り、デービッド・ブレイマイヤーズ風にいれてみたが、やっぱりかなり難しい、だめだこりゃ・・・ってほど。そんな恥ずかしいテイクをこのさい掲載しとく。

Played by JEEP file : mp3

THRID WIND.mp3

 | HOME | 

Appendix

JEEP

JEEP

コーヒータイムへようこそ!

rss2.0

Recent Entries



Page Rank Check










美容外科


メンズプラソン


土地活用


引越し 大阪



最新のコーヒータイム
▼すべて表示
generated by レビュー・ポスター




Calendar

« | 2017-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



渋谷 アルバイト

↓ オススメ!
Add to Google
igoogleに登録


お問い合わせは
以下のメール先


JEEP mail





Categories





国際結婚







DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約


相互リンク募集「相互リンクX」
track feed
コーヒータイム



あとで読む